しっかりケアすることが必要!脇脱毛後のポイント


施術後は肌が炎症を起こしている状態

脇脱毛として人気の光脱毛やレーザー脱毛ですが、これらの脱毛法は光やレーザーの熱エネルギーによって毛根にダメージを与えムダ毛を処理します。熱のダメージが加わるので施術後は、肌が炎症を起こしているような状態となります。施術後、正しいケアを行うことが脇脱毛後の肌トラブル予防には欠かせません。

脱毛当日のNG行動をチェック

脇脱毛後、当日にしてはいけないNG行動は入浴に運動、アルコールの摂取です。これらは血流を良くする作用があるため、施術後炎症を起こしている肌の状態を悪化させてしまう危険性があります。当日はシャワーにして運動と飲酒は控えましょう。また、日焼けをするのもNGです。

しっかり保湿ケアを行おう

普段、脇に化粧水などでスキンケアを行う人は少ないでしょうが、脇脱毛後はしっかり保湿ケアを行いましょう。脱毛後は肌がダメージを負っているのはもちろん、熱でムダ毛を処理する光脱毛やレーザー脱毛の場合は熱の作用で肌が乾燥しています。乾燥している状態で脱毛を受けると、光やレーザーを照射した際に痛みを感じやすくなりますし、黒ずみなど他の肌トラブルを招く原因になるので施術後はアフターケアとして、保湿ケアすることがおすすめです。

制汗剤などの使用にも注意

夏場に脇脱毛を行う場合、覚えておきたいのが施術後すぐに制汗剤などを使わないということです。脇脱毛後はどうしても肌がダメージを負っているので、いつも以上に負担をかけないようにしなければいけません。普段より肌が敏感な状態になっているため、制汗剤を使っていつもは問題なくても、肌ラブルが起こるリスクがあります。制汗剤の使用は施術後、肌の赤みなどが落ち着いてからにしましょう。

腕の脱毛後、日焼けをしてしまうと色素沈着などのトラブルを起こしやすくなります。腕は特に日焼けしやすいので紫外線対策はしっかり行いましょう。