20代からでも薄くなる!?AGAの進行に気づくためには


若いからと安心すると髪を大きく失うことに

AGAは男性によく見られる薄毛で、早ければ20代から発症します。髪型をごまかして隠すなど対策をしている間にも進行し、着実に髪質を悪化させていきます。若くても発症するリスクがあると認識することが、早期の治療を実現するポイントです。AGAは遺伝や体質が大きく影響しており、思春期を過ぎたころからリスクが高まっていきます。生え際や頭頂部の髪が少しずつ軟毛化し、ふわふわした手触りに変わっていくのです。過度のストレスを受ける出来事、病気治療の一環としての薬物療法などにより短期間で脱毛する症状に対して、AGAはゆっくり進行するのが普通です。日ごろから髪や頭皮の変化に敏感になれば、早めに気づいて対策することができます。

AGA発症に最も影響するのは男性ホルモン

男性ホルモンの分泌量が多い男性は、AGAの早期発症・重症化のリスクが高いと言われています。洗髪したりドライヤーを使用したりするとき、以前より抜け毛が増えたと感じるなら要注意です。枕に付着する抜け毛が増えた場合も、AGAが進行している可能性があります。最初は抜け毛の増加から始まる人もいれば、髪質が少しずつ弱くなっていく人もいます。後者のほうが進行は緩やかですが、それゆえ発見が遅れやすいです。進行が著しく早い男性だと、フサフサの状態から数年で頭皮がスカスカになってしまいます。なんとなく髪や頭皮に違和感を覚えるならば、AGAを疑ってみてください。AGAは生え際や前頭部・頭頂部などから薄くなるため、判断するのは比較的容易です。

agaを京都で診察しているクリニックでは、個々の患者の薄毛の原因に合わせて投薬治療を行ったり、育毛メソセラピーを取り入れたりしているところが目立ちます。